ノーベルガイドコンピュータを用いたインプラント治療の流れ!|スタッフブログ(詳細)|矯正歯科とインプラント治療に特化した京都駅直結の山崎デンタルクリニック

治療のご相談はフリーダイヤルまで 0120-68-4618
MENU
スタッフブログ Blog
院長ブログ

ノーベルガイドコンピュータを用いたインプラント治療の流れ!

京都駅前山崎デンタルクリニック院長の山崎義孝です。

京都駅前山崎デンタルクリニックでは、私が開発したアンカーピンを併用した歯を抜かない(非抜歯)インビザライン矯正治療と、痛くない、腫れない、歯茎を切らないノーベルガイドスマートフュージョンインプラント治療を専門とするクリニックです。


ノーベルガイドコンピュータを用いたインプラント治療の流れ
①CTスキャン撮影
CTスキャンで撮影することにより、3次元的に骨の形状、骨の量、骨密度、神経の走行、血管の走行などを把握することが可能です。 このことによって安全、確実なインプラント手術が提供できるのです。
②3D画像作成(スマートフュージョン使用)
CTによるデータを基にインプラント埋入ポイントのみならず、最終補綴物(最後のかぶせ物)の方向や形状を考慮したシミュレーションを作成します。この工程により安全な治療はもちろんのこと治療後の機能性、審美性にも優れた治療を可能にします。
③サージカルテンプレート(手術用マウスピース)作成
コンピュータ(ノーベルクリニシャルソフトウェア)から作成したシミュレーションを基にインプラント手術に使用するマウスピース(サージカルテンプレート)を作成します。こちらは各患者様用のオーダーメイドになります。
④サージカルテンプレート(ノーベルガイド)を用いた手術
サージカルテンプレートを口腔用に入れてインプラント手術を行うため、大きな切開を必要とせず、計画通りに正確な埋入位置にのみ小さな穴(3mm~5mm)をあけてインプラントの埋め込みが可能なので治療時間の短縮により患者様の負担が軽減できます。
⑤最終補綴物(最後のかぶせ物)の装着
最終補綴物の形状、方向、位置を考えた場所にインプラントを埋入していますので、最終補綴物の装着後の審美的要素や、嚙み合わせなどが自然でしっくりと良い状態に仕上がります。
⑥すべて上部構造体(上部にかぶせる物)
コンピュータでCAD/CAMで作製されるので正確で、丈夫な美しい補綴物が出来る。

ノーベルガイドコンピュータを用いたインプラント治療の流れ!

最新記事

カテゴリー

月別アーカイブ

TOPPAGE