インプラントは危険と考えている方が多いのではないでしょうか?|スタッフブログ(詳細)|矯正歯科とインプラント治療に特化した京都駅直結の山崎デンタルクリニック

治療のご相談はフリーダイヤルまで 0120-68-4618
MENU
スタッフブログ Blog
院長ブログ

インプラントは危険と考えている方が多いのではないでしょうか?

京都駅前山崎デンタルクリニック院長の山崎義孝です。

京都駅前山崎デンタルクリニックでは、私が開発したアンカーピンを併用した歯を抜かない(非抜歯)インビザライン矯正治療と、痛くない、腫れない、歯茎を切らないノーベルガイドスマートフュージョンインプラント治療を専門とするクリニックです。

山崎デンタルクリニックの最新のインプラント治療
①上顎の奥歯が抜けた時のインプラント治療は上顎洞という大きな空洞があるためインプラントを埋め込むための骨の高さが無い事が多いのです。ですから一般的に他院ではインプラントが出来ないとか、サイナスリフト法(上顎洞挙上手術)を行わなけらばいけないとか説明される事が多いのです。

しかし、サイナスリフト法(上顎洞を鼻の横から大きく窓を開けて骨を補填しなければならない)という大きな手術が必要になるのです。しかし、このサイナスリフト法は術後の腫れや痛みを伴い、術後感染などの合併症のリスクが多いのです。

ですから当クリニックではサイナスリフト法ではなく、三好敬三先生が研究開発したK2キッドとピエゾサージェリーを用いてインプラント埋入と同時にインプラントを埋め込む小さな穴(約3mm)から人工骨を補填するので低侵襲(身体にやさしい)インプラント手術なのです。

ですから1回のインプラント手術で終わるのです。

又、サイナスリフトの様に大きな手術は伴わないので術後の腫れや痛みがなく、出血も少なく、術後感染などの合併症もないのです。


インプラントは危険と考えている方が多いのではないでしょうか?


「インプラントは危険!」と考えいている方が多いのではないでしょうか?近年、インプラント治療による医療事故やミスがインターネット、テレビラジオ、雑誌などで多くとり上げています。しかし、正しい知識と経験と、技術を持ち合わせた歯科医師によって、正確、確実な治療計画の元で最新の機器と設備の整った整った医療機関で行えば、インプラント治療は決して危険ではなく、歯を失った方にとって最も最良の治療方法なのです。山崎デンタルクリニックでは安全、確実、低侵襲(身体にやさしい)なインプラント治療を行っています。

インプラントは危険と考えている方が多いのではないでしょうか?

最新記事

カテゴリー

月別アーカイブ

TOPPAGE