インビザライン

アライン社認定の資格をもつプラチナエリートの院長が

    ほぼ100%非抜歯(親知らずをのぞく)でインビザライン(マウスピース)を用いて矯正を行います。

山崎デンタルクリニックのインビザライン

より早く歯を動かして並びのよい歯に近づけるため、インビザライン(マウスピース)矯正の前に、3Dリンガルアーチを用いて近心傾斜(手前に倒れている)している歯をまっすぐ起こして正しい位置に戻します。
そうすることによって、短期間で歯を抜かずに他院でインビザライン時に抜歯と言われた方でも歯を抜かずにインビザラインで治療できます。

インビザラインの進行過程をチェック

インビザラインの進行過程をチェックするのはもちろん、当クリニックでは
・歯周病管理
・虫歯チェック
・歯石除去(¥2,000円)
・フッ素塗布(¥2,000円)
・歯のエステエアフロー(歯の着色を落とすパウダー:通常1回¥5,000円のクリーニング)が

全て矯正調整代¥3,500円(税抜)に含まれています。

アイテロ(iTero:デジタル口腔内スキャナー)

アイテロ(iTero)は患者さんのお口の中をレーザーでスキャンし、シリコンなどの印象材を使わずに非接触で高精細に歯型を採り、デジタルデータにして利用するものです。
シリコン印象に比べて精密度が格段に優れており、歪みもありません。それはすなわち、患者さんがマウスピースを装着したときにまったく違和感がないということを意味します。

この非常に優れたアイテロですが、日本国内における普及率は、まだ極めて低いのが現状です。
インビザラインが世界で約80,000人もの歯科医師に採用されている中で、日本ではおよそ4,000人程度にとどまっており、さらにその中でiTeroを導入して装置を製作している歯科医師は、わずかしかいません。

患者さんに我慢を強いない

これまでの歯型採得では、ドロドロしたシリコンを患者さんのお口に押し、シリコンが固まるまでの間じっとしていなければなりませんでしたが、アイテロのスキャン撮影を何回かに分け、まったくお口に接触することなく行いますので、患者さんが苦しい思いをすることもありません。

出来上がりが早い

スキャンしたデータは、インターネットで瞬時にアメリカのアライン社に送信され、治療シミュレーションが開始されます。そのため、従来はできあがるまでに2週間程度かかっていた治療シミュレーションの作成が2~3日程度でに届くようになりました。

負担が少ない

最新鋭機器を使った矯正治療システムですが、アイテロ導入後も治療料金は変わりません。患者さんにとって費用負担が少ない治療法でもあります。

当院が紹介されました!