院長山崎義孝blog

2016.10.02更新

京都駅前山崎デンタルクリニック院長の山崎義孝です。

インプラント治療とは、顎の骨の中に約10ミリのチタン製の円柱形のネジ状の金属(インプラント体)を埋め込み、顎の骨とこのインプラント体を結合させて自分の歯の様にすることが出来るのです。

つまり、自分の歯に取って代わる素晴らしい治療方法なのです。

この歯根状になったインプラント体に土台を取り付けて人工の歯を被せるのです。

まさしく、インプラントは、夢の人工歯根と言われる所以なのです。

ですから、インプラント治療を成功させる為には、顎の骨が非常に重要なのです。

インプラント体を埋め込むのに必要な骨の高さや、骨の巾、さらに、骨の質、つまり骨の硬さが大切なのです。スポンジの様に柔らかい骨の質、大理石の様に硬い骨の質、骨の中が脂肪でいっぱい含まれている骨の質(脂肪髄)と、人間の顎の骨の質はバリエーションが豊富なのです。

ですから、人間の顎の骨の質のタイプによってインプラント体の種類を変えてインプラント手術をすることが大切なのです。

また、顎の骨の巾に併せてインプラント体のサイズを決める必要があるのです。

顎の骨が少ない場合には、さらに、インプラント手術方法が複雑になるのです。この時に、骨造成が必要になるのです。

しかし、骨造成は、非常に手術が複雑で、さらに、大掛かりな手術になることが多々あるので、患者にとっても、手術する歯科医師にとっても非常に負担になるのです。

さらに、手術後の痛みや、腫れや、出血や、感染などを併発することが多いのです。

ですから、出来るだけ大きな手術は避けたいのです。そこから生まれたのが今の歯科医学界で脚光を浴びているインプラントコンピューターガイドシステムの導入なのです。

最新最先端のインプラントコンピューターガイドシステムとは、コンピューターガイド用のソフトを用いてあらかじめインプラント手術する前に計画的にインプラントを埋め込む位置を決めて、更に、計画通りに寸分の狂いもなく正確確実にインプラントを埋め込むことが出来る治療方法なのです。また、上と下の噛み合わせを考えてインプラントを設計するので最終補綴物(最後の被せ物)が綺麗に出来るのです。

ですから、コンピューターガイドシステムと、インプラント治療は、きっても切り離せない関係なのです。

このコンピューターガイドシステムの中でも、ノーベルバイオケア社のノーベルガイドスマートフュージョンと言う最新最先端のコンピューターソフトが最も優れているのです。

なぜならば、一番最初にコンピューターガイドシステムを開発したのです。ですから、いろいろな所を改善してより良いガイドシステムに改革されてさらに進化しているのです。最新機能のノーベルガイドコンピューターシステムは、スマートフュージョンと言う最先端のコンピューター技術が開発されたことによって、まったく新しいインプラント治療方法が出来上がったのです。

つまり、従来のインプラント手術方法は、インプラントする歯科医師の経験と勘に頼っていたのです。ですから、顎の骨の中にインプラントを埋め込む時に2次元的なパノラマレントゲンや、3次元的なCTレントゲンを見ながら歯科医師の頭の中で想像しながらインプラントを埋め込んでいたのです。また、インプラントを埋め込む時には、顎の骨を削るドリルを、歯を削る時と同じようにフリーハンドで操作してさらに、インプラントを埋め込む時もフリーハンドで行なっているのです。ですから、少しの手のブレが顎の骨の中では大きくズレるのです。まさしくこの少しの手のブレが顎の骨の中の血管や、神経を傷付けるのです。血管を傷付けると大量の出血が起こるのです。また、神経を傷付けると神経麻痺が起こるのです。ですから、インプラント手術が危険であると言われる所以なのです。

このすべてのトラブルを回避する技術が必要不可欠なのです。

まさしく、このトラブルを回避する最新最先端の技術がノーベルガイドスマートフュージョンと言うコンピューターガイドシステムなのです。

ノーベルガイドスマートフュージョンコンピューターシステムは、インプラント手術前にコンピューターソフト上であらかじめインプラントを埋め込む位置を決定して、さらに、その位置に正確確実に再現したサージカルガイド(手術用マウスピース)を用いてインプラント手術を行うことが出来るのです。

ですから、従来のインプラント手術の様に歯科医師の経験と勘に頼ったフリーハンドの方法と違って神経損傷や、血管損傷などの重篤なトラブルが回避出来るのです。

また、ノーベルガイドスマートフュージョンを用いると、最終補綴物を考えた治療計画が立案出来るのです。ですから、綺麗な補綴物が入るのです。

現代のインプラント治療では、最新最先端のノーベルガイドスマートフュージョンと言うコンピューターガイドシステムを導入していることが、インプラント治療を成功させる最大の秘訣なのです。

京都駅前山崎デンタルクリニックでは、すべてのインプラント治療で最新最先端のノーベルガイドスマートフュージョンコンピューターシステムを採用しています。

ですから、インプラント治療が怖くて出来ない方や、高齢者の方や、高血圧、心臓病、糖尿病、リュウマチ、脳梗塞などの有病者にとって非常に優しく、安全なインプラント治療なのです。

ですから、安心してインプラント治療を受けることが出来るのです。

 

投稿者: 山崎デンタルクリニック


SEARCH



CATEGORY