院長山崎義孝blog

2016.09.16更新

京都駅前山崎デンタルクリニック院長の山崎義孝です。
皆様、【傾斜埋入インプラント治療】をご存知でしょうか?
【傾斜埋入インプラント治療】とは骨の高さが少なくてインプラントを埋め込むことが出来ない場合に、計画的に斜めにインプラント体を傾けて埋め込むことによりインプラント手術が出来る最新最先端のインプラント治療なのです。
【傾斜埋入インプラント治療】のメリットとは、
斜めにインプラント体を骨の中に埋め込むことにより、骨造成を行わないでインプラント治療が出来るのです。
ですから、骨造成をするための手術が必要なくなるので、骨造成して骨が出来る約6ヶ月の期間が短縮出来るのです。さらに、骨造成の治療費の削減が出来るので治療費が安くなるのです。
また、通常より長いインプラント体を使用できるため、力学的に有利になることが多いです。
さらに、ソケットリフトや、サイナスリフトに比べて手術が単純なので、インプラント手術時間が短縮されて早くインプラント手術が終わるのです。また、手術後の腫れや、痛みもないのです。さらに、手術後の感染が非常に少ないのです。
また、傾斜埋入インプラント手術は、ピンポイントに寸分の狂いもなく正確確実にインプラントを埋入する必要があるために、最新最先端のノーベルガイドスマートフュージョンと言うコンピュータガイドシステムを導入しているクリニックでさらに、熟練したインプラント専門医が行う必要があるのです。

京都駅前山崎デンタルクリニックでは、全ての傾斜埋入インプラント手術はノーベルガイドスマートフュージョンを用いた歯茎を切らないフラップレスインプラント手術を行なっています。
ですから、高齢者や腎臓病や、心臓病や、高血圧症などの全身疾患をお持ちの方にも安全に安心してインプラント治療が出来るのです。

投稿者: 山崎デンタルクリニック