院長山崎義孝blog

2016.08.15更新

京都駅前山崎デンタルクリニック院長の山崎義孝です。
京都府京都市上京区にお住まいの20歳代女性の方からのお問い合わせ。
質問:私は、大学3年生の時、バスケットの試合でバスケットボールが顔面に当たって上の前歯が折れてしまいました。そのために、今、前歯2本の入れ歯をしています。しかし、入れ歯を支えているワイヤーが会話や、笑った時に見えるのです。
友達と会話をしている時に入れ歯が気になってしゃべるのが億劫になり、だんだんと友達と会話するのが嫌になり、性格も暗くなり、ますます性格が内気になっていきそうです。何とかこの前歯をどうにかしたいのですが、どうすれば良いか悩んでいます。
回答:20歳代の女子大学生といえば、
これから沢山の事をチャレンジする機会があり、人前に出る機会も増えていくでしょう。
上の前歯が2本ないのは、さぞかしコンプレックスになり、悩んでいる事をさっします。
どうしても入れ歯は、まず、取り外しが必要なのです。さらに、入れ歯を支えているワイヤーが見えるのです。
ですから、若い女子大生には本当に悩みの種になるのです。
かといって、両サイドの健康な自分の歯を削ってブリッジにするのは抵抗があるでしょう。
上の前歯2本が抜けて歯がない場合は、やはり、インプラント治療がベストな治療方法と考えられます。
では、インプラント治療とは、どのような治療方法か、簡単に説明します。
インプラント治療とは、歯が抜けている所に、歯に変わる人工歯根を顎の骨の中に埋め込み、その人工歯根を土台として歯を作ることなのです。
ですから、入れ歯のように、合わなかったと言って簡単に作りかえることができないのです。
したがって、インプラント治療をする場合は、真剣にインプラント専門医を選ぶことが非常に大切なのです。
インプラント治療は、すべてのインプラント専門医によっておのおの
治療方法が違うのです。
ですから、インプラント治療は、入れ歯治療や、ブリッジ治療とは区別して考えてください。
例えば、インプラントのメーカーも、日本では、100社以上あるのです。
また、インプラントは、身体の中に入るものですから、しっかりとしたメーカーの製品を使用している歯科医院で治療してください。
世界的には、シェアの、ナンバー1のストローマン社と、ナンバー2のノーベルバイオケア社の製品が安心して安全に使用することができるのです。
また、最新最先端のノーベルガイドスマートフュージョンと言うコンピューターガイドシステムを用いてインプラント治療をおこなうことが必要不可欠なのです。
最新最先端のノーベルガイドスマートフュージョンと言うシステムを使用してインプラント手術をすることは、例えば、車が、最新最先端のカーナビを使用して安全確実に目的地に行くのと同じなのです。
また、従来のインプラント手術は、車で運転している人が地図を見ながら試行錯誤して何とか目的地に行くのと同じなのです。
インプラント治療は、日進月歩で進歩しているので、インプラント専門医は、日々インプラントの学会や
講習会やセミナーや勉強会に積極的に参加していることが重要なのです。
ですから、インプラント治療をする場合は、必ず、詳しく歯科医院や、インプラント専門医を調べて研究してください。そうすることが、インプラント治療を成功する最も重要なポイントなのです。
京都駅前山崎デンタルクリニックでは、インプラント治療は、安心の【25年間完全保証】をしています。

 

投稿者: 山崎デンタルクリニック

2016.08.14更新

京都駅前山崎デンタルクリニック院長の山崎義孝です。
京都府京都市下京区にお住まいの50歳代女性の方からのお問い合わせ。
質問:2〜3年前から上の前歯がだんだん前に出て来た様に感じます。
仲の良い友達から「出っ歯になって来た?」と言われ、ショックで気になって夜も眠れないぐらいです。
人前で話す仕事をしていますので、
見えないで歯並びを治したいのですが、何か良い方法があるのでしょうか?
回答:確かに、人前で話す仕事をされていれば、従来のワイヤーが見える矯正治療は、躊躇されるのもごもっともです。
アメリカの矯正治療は、最新最先端のインビザラインと言う透明のマウスピースの矯正治療が主流になっています。
このインビザラインと言う矯正治療は、非常に薄い透明なプラスチックで出来ているので矯正装置を着けているのが気づかれないのです。また、仕事中でも気にならないのです。ですから、一日中着けていてもストレスにならないのです。
山崎デンタルクリニックでは、最新最先端の医療を提供しています。
矯正治療は、歯を抜かない(非抜歯)、
痛くない、見えない、はやく治る最新最先端のインビザライン矯正治療をおこなっています。

投稿者: 山崎デンタルクリニック

2016.08.12更新

京都駅前山崎デンタルクリニック院長の山崎義孝です。
京都府京都市下京区にお住まいの50歳代女性の方からのお問い合わせ。
質問:30歳後半に右下奥から二番目の歯を虫歯で抜かれてから、取り外しのできる入れ歯を歯科医院で作っていただいたのですが、違和感があり気持ち悪いので、入れ歯をはずしていたのですが、最近、奥の歯が前に傾いてきたので噛み合わせが悪く食事がしづらくなってきたのでかかりつけの歯医者さんで診てもらったら、奥の歯が前に傾いているので歯の神経をとってから、前の歯と後ろの歯を削って固定式のブリッジにしなければならないと言われて落ち込んでいます。まったく健康な歯を削ってまで治療したくないのです。何か他に違った治療方法がないのでしょうか?
回答:確かに、健康な大切な歯を削ってまで治療したくない気持ちは、痛いほどわかります。
健康な歯をいったん削ってしまったら元に戻らないのです。
今回のような場合は、歯を抜いてから時間が経っているので、歯を抜いたスペースに奥歯が倒れてきて噛み合わせが悪くなっているのです。
ですから、理想的には、歯並びを治して、倒れた歯を起こして歯を抜いたスペースを元にもどして確保し、インプラント治療を行うことがベストな治療方法なのです。
したがって、インプラント治療と矯正治療を専門におこなっている歯科医院で治療をすることをお勧めします。
最新最先端の矯正治療は、従来のワイヤーを使わないで、インビザラインと言う透明なマウスピースを口にはめるだけで人に気づかれないで矯正治療ができるのです。
また、最新最先端のインプラント治療は、
ノーベルガイドと言うコンピューターガイドシステムを用いたSLアクティブストローマンインプラントは、歯茎(歯肉)を切らないので、痛くなく、腫れなく、出血が少なく、怖くなく、身体に優しいインプラント治療なのです。さらに、最短で3週間で本物の被せの歯が入るのです。

投稿者: 山崎デンタルクリニック

2016.08.11更新

京都駅前山崎デンタルクリニック院長の山崎義孝です。
京都府城陽市にお住まいの60歳代女性の方のインプラント治療の相談
質問:私は、20歳代の頃から歯が悪く、歯科医院に毎年と言って良いぐらい通院していましたが、行くたびに歯を削られて、しまいには、歯を抜かれて、最後は、50歳の後半に、上下総入れ歯になりました。しかし、食に関する仕事にたずさわっていますので、入れ歯を入れていると、味が分からず、いつも、入れ歯をはずして仕事をしています。
オールオンフォー(オールオン4)インプラント治療と言う総入れ歯に変わる治療があると聞きましたが、どのようなインプラント治療なのでしょうか?また、治療費用は、高いのでしょうか?
回答:若い頃から歯が悪く大変苦労されているのが私には身にしみてわかります。入れ歯で、仕事をしていて支障をきたす方は大変多くの方々がいます。その様な方々に、今、最も注目されているインプラント治療が、オールオンフォー(オールオン4)インプラント治療なのです。
歯がすべてなくなった方や、総入れ歯の方に、取り外しがいらない固定式の歯で噛める最新最先端のインプラント治療が、オールオンフォー(オールオン4)インプラント治療なのです。
では、もう少し詳しく説明させて頂きます。
オールオンフォー(オールオン4)インプラント治療とは、すべて歯がなくなった顎に、たった4本のインプラントで固定式の12本の歯が入ることができる治療方法なのです。
また、手術したその日から固定式の仮歯が入るので、手術した当日から
すぐに食事ができるのです。
従来のすべて歯がなくなった顎にインプラント治療を行う場合は、8本〜10本のインプラントが必要でした。
また、インプラント手術してから、3ヶ月〜6ヶ月後に、固定式の仮歯を入れていたのです。ですから、その3ヶ月〜6ヶ月間は、歯がなく、食事も流動食しか食べられず、また歯がないので、人前で話すことができないのです。ですから、インプラント手術してから3ヶ月〜6ヶ月間は、歯なしの状態なのです。この3ヶ月〜6ヶ月間の
歯なしの状態が、高齢者や、職業をお持ちの方にとっては、非常に苦痛なのです。
ですから、オールオンフォー(オールオン4)インプラント治療は、手術したその日から固定式の歯が入るので
従来のインプラント治療のような苦痛がないのです。
また、最新最先端のSLアクティブストローマンインプラントを用いてオールオンフォー(オールオン4)インプラント治療を行うと、最短でたった3週間で本物の歯が入るのです。
さらに、ノーベルガイドコンピューターガイドシステムを用いてインプラント手術を行うと歯茎(歯肉)を切らないで、痛くなく、腫れなく、出血が少なく、身体に優しい治療方法なのです。
ノーベルガイドコンピューターガイドシステムを用いたインプラント手術とは、あらかじめノーベルガイド
(ノーベルクリニシャン)で設計されたサージカルガイド(手術用マウスピース)を用いて手術を行うために、インプラントを埋め込む方向や、深さが
術前に設計されているので、顎の骨
の中の血管や神経を避けてインプラントを埋め込むことができるのです。
ですから、安全で正確確実で、さらに、従来のインプラント手術時間の二分の一から三分の一の時間で手術ができるのです。高齢者や、高血圧症や、心臓病や、糖尿病などの有病者にとっては、身体に優しい、とても有効な手術方法なのです。
最後に、オールオンフォー(オールオン4)インプラント治療費は、従来の顎の歯がすべて無くなったインプラント治療と比較すると、
オールオンフォー(オールオン4)インプラント治療は、インプラントの数が4本で良いです。
従来の顎の歯がすべて無くなったインプラント治療は、インプラントの数が8本〜10本必要になるのです。
インプラント治療費は、インプラントの本数分治療費がかかるのです。
ですから、オールオンフォー(オールオン4)インプラント治療の方がだいぶ治療費を安くできるのです。
以上のことを考えたならば、歯がすべてなくなった方や、総入れ歯の方にとっては、ノーベルガイドコンピューターガイドシステムを用いて最新最先端のSLアクティブストローマンインプラントを用いたオールオンフォー(オールオン4)インプラント治療が最も優れた治療方法なのです。
京都駅前山崎デンタルクリニックでは最新最先端のオールオンフォー(オールオン4)インプラント治療を行なっています。

投稿者: 山崎デンタルクリニック

2016.08.04更新

京都駅前山崎デンタルクリニック院長の山崎義孝です。
滋賀県大津市にお住まいの50歳代女性の方からのお問い合わせ。
質問:インプラント治療をしたいのですが、5年前に歯を抜いた時の麻酔の針の痛さが今でも忘れられず、歯の治療をする時は、必ず、麻酔なしで治療してきましたが、インプラント手術は、麻酔なしでは出来ないと言われ、インプラント治療をあきらめていたのですが、さすがに奥歯がなくて食事が出来ずに困っています。
痛くない麻酔があれば、思いきってインプラント治療をしようと思いますが、本当に痛くないインプラント治療は、可能なのでしょうか?
回答:本当に抜歯の時の局所麻酔が痛かったのでしょう。おそらく、その時の痛さが脳に記憶されて、トラウマになっているのでしょう。
最近では、局所麻酔も、以前に比べ大分改良されて痛く無くなっている事は確かなのですが、以前の局所麻酔のトラウマがあるので心配でしょう。痛くない麻酔と、一言で言うと非常に難しいですが、大まかに分けて3つあるのです。
①表面麻酔:注射の麻酔の前に針を刺すところにゼリー状の麻酔を塗るのです。そうすることによって、針を刺される時のチクっとする痛みが軽減されるのです。
②局所麻酔:以前の局所麻酔の針は確かに太かったですが、最近の針は以前に比べてはるかに細くなっているのです。ですから、歯茎(歯肉)に針が入って行くときの感覚が極端に軽減されるのです。
③静脈内鎮静法:この静脈内鎮静法とは、痛くないインプラント手術には無くてはならない麻酔方法なのです。
では、なぜ、痛くないインプラント手術には必要なのか説明いたします。
静脈内鎮静法とは、多くの皆様が初めて耳にする事と思いますが、一般的な歯科治療で用いる局所麻酔とは違って、
手の静脈から眠くなる薬を入れるのです。ですから、インプラント手術のあいだ中は、眠くなっているのです。つまり一言で言うと、ウトウトした状態で手術を終えるのです。また、静脈内鎮静法には、もう一つの素晴らしく良い効果があるのです。つまり、健忘(一時的に物忘れすること)効果があるのです。この健忘効果の作用によって、インプラント手術中のことを忘れてしまうのです。ですから、インプラント手術を終えた患者様は、あっという間に手術が終わったと言われるのです。
以上、3つの項目が痛くないインプラント手術を可能にするのです。
その中でも一番効果的なのは、
③の項目の【静脈内鎮静法】なのです。
ですから、痛くないインプラント手術を希望されるのであれば、【静脈内鎮静法】を必ず採用している歯科医院でインプラント治療を行なう必要があるのです。
山崎デンタルクリニックでは、1本からすべて歯がないインプラント手術に、【静脈内鎮静法】を100パーセント採用しています。
なぜならば、すべての人に、インプラント手術を、安心して、楽に、不安なくインプラント手術を受けて頂きたいのです。
私自身も、インプラント手術を受ける場合には、やはり、怖くて不安があるので、当然【静脈内鎮静法】
をしてインプラント手術を受けたいからです。

 

投稿者: 山崎デンタルクリニック

2016.08.03更新

京都駅前山崎デンタルクリニック院長の山崎義孝です。
皆様、インプラント治療を成功に導くための大切な条件を満たした歯科医院はどのような歯科医院かご存知でしょうか?

インプラント治療と一言にいいますが、インプラント治療には、いろいろな治療のオプションがあるのです。
また、インプラント治療は、いろいろなレパートリーがあり、そのすべてに、インプラント専門医の治療方法があるのです。ですから、単にインプラント治療と一言で、言葉では済ますことができるのですが、本当は、1本のインプラントを埋め込むのにも、いろいろなオプションや、レパートリーがあり、さらに、インプラント治療をするインプラント専門医の技量や、腕の違いや、経験の量にも左右されるのです。また、インプラント手術方法がインプラント専門医によってまったく違うということを知ってください。
また、世界中でインプラントの会社が100社以上あるのです。日本でも、
10社以上あるので、インプラント治療を診療している歯科医院各々がいろいろなインプラント材料を使っているのです。ここで大切なことは、昔から世界的に有名なメーカーのインプラント材料を使っているかどうか?
例えば、日本で国が認可していない粗悪な中国製や、韓国製インプラント材料を使っている歯科医院もあるのです。また、新規に参入してきたメーカーのインプラント材料も疑いを持ったほうが良いです。なぜならば、新規に参入してきた多くのメーカーが今まで何社も途中でインプラント製造を中止したり、最悪の場合には、インプラントメーカー自体が倒産したりすることが多々あるのです。
今現在、世界ナンバー1のストローマン社、世界ナンバー2のノーベルバイオケア社のインプラント材料を使っていれば、インプラント材料については安心して良いでしょう。
ですから、簡単にインプラント治療をしたいと思っても、
しっかりとインプラント治療について調べてから歯科医院を選んでください。
そのなかで、最近の最新最先端のインプラント治療のトピックは、
【ノーベルガイドスマートフュージョンを用いたインプラント治療】なのです。
つまり、ノーベルガイドというコンピューターシュミレーションに基づいた治療計画を立てて、手術前に事前にインプラントを埋め込む位置や方法やインプラントの長さや太さを
診断して、手術当日、サージカルガイド(手術用のマウスピース)を口の中に入れてインプラント手術を行うのです。ですから、すでに手術前にインプラント手術のシュミレーションが出来ているので手術時間は従来のインプラント手術の約5分の1の時間で出来るのです。早い場合は、従来のインプラント手術の10分の1の時間で出来るのです。
なぜならば、手術前にインプラントの埋め込む位置や方向が決まっているので不必要に歯茎(歯肉)を切る必要がないのです。このことがインプラント手術の時間短縮につながっているのです。
ですから、1本のインプラント治療からまったく歯がないインプラント治療(オールオン4)まですべてのインプラント治療に、ノーベルガイドスマートフュージョンを採用している歯科医院でインプラント治療をすることが安全で安心なのです。
ですから、インプラント治療をする場合には、ノーベルガイドスマートフュージョンを知っているインプラント専門医かどうかがインプラント治療の成功する秘訣なのです。

投稿者: 山崎デンタルクリニック

2016.08.02更新

京都駅前山崎デンタルクリニック院長の山崎義孝です。
京都府京都市にお住まいの40歳代女性の方からのお問い合わせ。
質問:
下の奥歯が2本抜けて1年そのままにしていたのですが食事がしづらく困っています。2本歯の無いところにインプラント治療をしたいのですが、入れ歯や、ブリッジのように保険診療が効かなく、治療費が高額になるのですが実際、治療費に見合うだけのことがあるのでしょうか?不安なのでお問い合わせしました。

回答:
確かに、インプラント治療は、入れ歯や、ブリッジのように保険診療が利用出来れば良いのですが、
今現在の日本の国の医療体制では、インプラント治療は、保険診療が効かないのです。
しかし、入れ歯や、ブリッジと違って、インプラントは何でも噛めるのです。
実際にインプラントを入れた皆様は、今まで食べられなかった物が、急激に食べれるようになり、感動されます。食事がおいしく出来れば精神的にも明るくなり、肉体的にも健康になるのです。
では、入れ歯やブリッジの利点と欠点を説明します。
①入れ歯は、歯が抜けたところに取り外しのできる大変簡単にできる装置なのです。しかし、抜けた歯のとなりの歯に引っ掛けるための針金(クラスプ)が必要になるのです。また、ガムや、お餅などのくっつく物を食べると一緒に入れ歯がついてくるのです。

また、クラスプが見た目が悪く、違和感があるのです。さらに、クラスプを掛けている歯に食べカスがたまり虫歯や、歯周病になるのです。

②ブリッジは、歯が抜けたところに固定式の被せを入れる装置なのです。
このブリッジは、歯に固定できるので違和感が無く装着感が非常に良いのです。また、入れ歯のようにガムやお餅などのくっつく物を食べても歯にしっかりと固定してあるので外れることが無いのです。しかし、歯の抜けた両サイドの健康な歯を削らなけばならないのです。健康な歯を削ることは、歯の寿命が短くなるのです。できるだけ健康な歯は自然なままが良いのです。
健康な歯を削らなければ歯は長持ちするのです。
以上のことを考えると、入れ歯やブリッジは、隣の歯になんらかなダメージを与えているのですが、インプラント治療は、隣の健康な歯にまったくダメージを与えないのです。
したがって、インプラント治療をすることが、他の歯の寿命を長くする手助けになっているのです。
ですから、治療費が高額になっても、インプラント治療は、長期間に考えて頂いたら決して高い治療費ではないのです。

 

 

投稿者: 山崎デンタルクリニック

2016.07.31更新

京都駅前山崎デンタルクリニック院長の山崎義孝です。
最新最先端のノーベルガイドスマートフュージョンを用いたインプラント治療は、インプラント手術が簡単に出来るのです。
なぜならは、インプラント手術をする前に事前に患者様の歯型とCTレントゲン写真をノーベルガイドクリニシャンと言うコンピューター解析ソフトを用いてマッチングするのです。
そうすることで、手術用のマウスピース(サージカルガイド)を用いて術前に正確かつ確実に診断した位置にインプラントを骨の中に埋め込むことができるのです。

ですから、インプラント手術の時のとても怖い危険な神経損傷や、血管損傷と言う事故や、インプラントの位置異常や、方向異常と言う失敗を回避することができるのです。
インプラント手術を安全に安心して受けていただくためにはノーベルガイドスマートフュージョンを用いることが必要不可欠なのです。

あ

オールオン4インプラント手術に用いるサージカルガイド

さらに、サージカルガイドを用いることで、インプラントの埋め込む位置があらかじめ決められているので、手術時間の短縮が出来て歯茎を切らないので、出血が少なく痛みがなく、腫れなく、身体に優しい手術なのです。ですから、80歳以上の高齢者や、血圧が高い人や、心臓が悪い人や、軽度の糖尿病などの人にとっては、非常に適したインプラント手術なのです。


山崎デンタルクリニックでは、インプラント手術は、100%ノーベルガイドスマートフュージョンを用いて行なっています。
ですから、安全かつ安心かつ正確
確実にインプラント治療が出来るのです。

投稿者: 山崎デンタルクリニック

2016.07.31更新

京都駅前山崎デンタルクリニック院長の山崎義孝です。
最新最先端のインプラント治療は、ノーベルガイドスマートフュージョンと言うコンピューターガイド手術システムを用いるので、
すべてのインプラント治療が正確確実に設計されたインプラントポジションにインプラントを埋め込むことができるのです。さらに、歯茎を切らないで手術ができるので、痛くなく、腫れなく、出血も少ないインプラント手術ができるのです。ですから、高齢者や、高血圧症、心臓病、糖尿病などの病気をお持ちの方にも安心してインプラント治療が出来るのです。
また、人間の下の顎(下顎)の奥歯(臼歯)の歯根の下には、大変太い神経が走っているのです。
ですから、インプラント手術の時に気をつけなければ神経(下歯槽神経)を
切ってしまうのです。神経を切ってしまうと、知覚麻痺などが起こります。
ですから、インプラント手術は大変危険で怖く恐ろい手術なのです。
また、人間の上の顎(上顎)の奥歯
(臼歯)の歯根の下には上顎洞という空洞があるのです。ですから奥歯が抜けて歯がなくなるとインプラントを埋め込むだけの骨の高さが無く、インプラントが手術の時に上顎洞の中に落ち込む事故が起こるのです。
ですから、インプラント手術を安心 して受けていただくためには、最新最先端のノーベルガイドスマートフュージョンを用いたコンピューターガイドシステムが必要不可欠なのです。
ノーベルガイドコンピューターシステムは、あらかじめ術前にCTレントゲン検査を撮ってインプラントを正確に埋め込む場所を診断して骨の中の神経の走行や、血管の走行や、骨の高さや、幅や、硬さを考えて最適なインプラントの位置を計算していくのです。
ですから、ノーベルガイドコンピューターシステムを用いないでインプラント手術を行うことは、
真っ暗闇の中で橋を渡るのと同じくらい危険なのです。
ですから、これからのインプラント治療は、ノーベルガイドを用いることが安全で確実なインプラント治療の必須条件なのです。
山崎デンタルクリニックでは100%
ノーベルガイドクリニシャンと言うコンピューター解析ソフトを使って造られたサージカルガイド(手術用のマウスピース)を用いて手術を行なっています。ですから、すべての皆様に、安心してインプラント治療を受けていただくことができるのです。

あ

ノーベルガイドスマートフュージョンコンピューター解析ソフト。

 

投稿者: 山崎デンタルクリニック

2016.07.25更新

京都駅前山崎デンタルクリニック院長の山崎義孝です。
現在、自分の歯が抜けてしまったらどのようにお考えでしょうか?
皆様は、出来るだけ今まであった歯のようになんでも噛めておいしく食事ができる事を望んでいるでしょう。
しかし、人間の口の中は、非常に過酷な環境なのです。たとえば、人間の身体の中には約700種類の細菌が住みついているのです。その中で口の中で住みついている細菌は約300〜400種類あるのです。ですから、インプラントは絶えず感染のリスクにさらされているのです。
また、人が歯を噛みしめる力は、自身の体重以上と言われています。
また、人間の食事は、冷たいアイスクリームや熱い焼き肉と絶えず温度差のある食事をしているのです。
ですから、インプラント治療を受けた後のメインテナンスが非常に重要になってくるのです。
長期的にインプラントを口の中で安定して持たす為には必ず定期的な検診が必要なのです。
定期検診を怠ると思いもよらない事が起こるのです。

つまり、インプラント周囲炎と言う歯周病と同じような病気になるのです。詳しく言うと、

①インプラント周囲の歯肉が
炎症を起こして歯肉が赤くなってくるのです(歯肉発赤)。
②さらにそのまま放置すると歯肉が腫れてくるのです。
③さらにそのまま放置すると歯肉から膿が出てくるのです。
④さらにそのまま放置するとインプラント周囲の骨が溶けて無くなっていくのです。
⑤さらにそのまま放置するとインプラントが動きだしてくるのです。
⑥さらにそのまま放置するとインプラントが抜け落ちるのです。
ですからインプラントを長期に安定してお口の中で維持する為には必ず定期検診が必要にますのです。
では、定期検診の間隔は、平均して一年に一度から二度お越しいただくのがベストなのです。
定期検診を受けていただく事によってインプラントが長期的にお口の中で機能するのです。
山崎デンタルクリニックでは必ず定期検診にお越しいただく事でインプラント治療の25年完全保証をいたしています。

投稿者: 山崎デンタルクリニック

前へ 前へ
当院が紹介されました!