院長山崎義孝blog

2018.03.18更新

10歳代後半の女性のインターネットからの矯正治療の相談
質問:


私は以前から上の前歯の歯並びの事で悩んでいます。
永久歯に生え変わってから今までずっと上の前歯がとても出ている事に悩まされています。
特に2本の前歯がとても大きくて突き出ている状態です。
口を閉じ難くて、上の前歯に口紅の色が付くのです。

矯正治療するか?
前歯だけ差し歯をするか?
悩んでいます。
両親に相談した所 、
健康な歯を削って差し歯に差し替えるなんてもったいないよ。と言われました。
しかし、目立つのは嫌なのです。
どうしたら良いか教えてください。


回答:


京都駅前山崎デンタルクリニック院長の山崎義孝です。


上の前歯2本だけが前に出て口紅の色が上の歯について嫌なのですね。


私の考えを説明させていただきます。
まず、


①10歳代後半で年齢が若いこと。


②自分の歯が虫歯も無く健康であること。


③自分の歯は歯磨きをして大切にすると一生持つものであること。

④人工の被せ物は長持ちしないこと。


⑤人工の被せ物は自分の歯の色や形態をあわせにくいこと。

⑥歯並びを人工の被せ物で治すと歯の神経を取らなければならない。


などを考えると、
歯を抜かないで矯正治療をして歯並びを治す方法をお勧めします。


山崎デンタルクリニックでは、歯を抜かない(非抜歯)インビザライン矯正治療という方法があります。

これは、透明な薄いマウスピースをはめるだけで治る非常に良い矯正治療です。


ですから、他人に気づかれないで矯正治療が出来るのです。


また、今まで通り何も気にせずに好きな物を食べることができるのです。


ですから、普段通りの生活が出来るのです。


また、クリニックに行く回数も少なくすることができるのです。

投稿者: 山崎デンタルクリニック

当院が紹介されました!