院長山崎義孝blog

2016.07.31更新

京都駅前山崎デンタルクリニック院長の山崎義孝です。
最新最先端のノーベルガイドスマートフュージョンを用いたインプラント治療は、インプラント手術が簡単に出来るのです。
なぜならは、インプラント手術をする前に事前に患者様の歯型とCTレントゲン写真をノーベルガイドクリニシャンと言うコンピューター解析ソフトを用いてマッチングするのです。
そうすることで、手術用のマウスピース(サージカルガイド)を用いて術前に正確かつ確実に診断した位置にインプラントを骨の中に埋め込むことができるのです。

ですから、インプラント手術の時のとても怖い危険な神経損傷や、血管損傷と言う事故や、インプラントの位置異常や、方向異常と言う失敗を回避することができるのです。
インプラント手術を安全に安心して受けていただくためにはノーベルガイドスマートフュージョンを用いることが必要不可欠なのです。

あ

オールオン4インプラント手術に用いるサージカルガイド

さらに、サージカルガイドを用いることで、インプラントの埋め込む位置があらかじめ決められているので、手術時間の短縮が出来て歯茎を切らないので、出血が少なく痛みがなく、腫れなく、身体に優しい手術なのです。ですから、80歳以上の高齢者や、血圧が高い人や、心臓が悪い人や、軽度の糖尿病などの人にとっては、非常に適したインプラント手術なのです。


山崎デンタルクリニックでは、インプラント手術は、100%ノーベルガイドスマートフュージョンを用いて行なっています。
ですから、安全かつ安心かつ正確
確実にインプラント治療が出来るのです。

投稿者: 山崎デンタルクリニック

2016.07.31更新

京都駅前山崎デンタルクリニック院長の山崎義孝です。
最新最先端のインプラント治療は、ノーベルガイドスマートフュージョンと言うコンピューターガイド手術システムを用いるので、
すべてのインプラント治療が正確確実に設計されたインプラントポジションにインプラントを埋め込むことができるのです。さらに、歯茎を切らないで手術ができるので、痛くなく、腫れなく、出血も少ないインプラント手術ができるのです。ですから、高齢者や、高血圧症、心臓病、糖尿病などの病気をお持ちの方にも安心してインプラント治療が出来るのです。
また、人間の下の顎(下顎)の奥歯(臼歯)の歯根の下には、大変太い神経が走っているのです。
ですから、インプラント手術の時に気をつけなければ神経(下歯槽神経)を
切ってしまうのです。神経を切ってしまうと、知覚麻痺などが起こります。
ですから、インプラント手術は大変危険で怖く恐ろい手術なのです。
また、人間の上の顎(上顎)の奥歯
(臼歯)の歯根の下には上顎洞という空洞があるのです。ですから奥歯が抜けて歯がなくなるとインプラントを埋め込むだけの骨の高さが無く、インプラントが手術の時に上顎洞の中に落ち込む事故が起こるのです。
ですから、インプラント手術を安心 して受けていただくためには、最新最先端のノーベルガイドスマートフュージョンを用いたコンピューターガイドシステムが必要不可欠なのです。
ノーベルガイドコンピューターシステムは、あらかじめ術前にCTレントゲン検査を撮ってインプラントを正確に埋め込む場所を診断して骨の中の神経の走行や、血管の走行や、骨の高さや、幅や、硬さを考えて最適なインプラントの位置を計算していくのです。
ですから、ノーベルガイドコンピューターシステムを用いないでインプラント手術を行うことは、
真っ暗闇の中で橋を渡るのと同じくらい危険なのです。
ですから、これからのインプラント治療は、ノーベルガイドを用いることが安全で確実なインプラント治療の必須条件なのです。
山崎デンタルクリニックでは100%
ノーベルガイドクリニシャンと言うコンピューター解析ソフトを使って造られたサージカルガイド(手術用のマウスピース)を用いて手術を行なっています。ですから、すべての皆様に、安心してインプラント治療を受けていただくことができるのです。

あ

ノーベルガイドスマートフュージョンコンピューター解析ソフト。

 

投稿者: 山崎デンタルクリニック

2016.07.25更新

京都駅前山崎デンタルクリニック院長の山崎義孝です。
現在、自分の歯が抜けてしまったらどのようにお考えでしょうか?
皆様は、出来るだけ今まであった歯のようになんでも噛めておいしく食事ができる事を望んでいるでしょう。
しかし、人間の口の中は、非常に過酷な環境なのです。たとえば、人間の身体の中には約700種類の細菌が住みついているのです。その中で口の中で住みついている細菌は約300〜400種類あるのです。ですから、インプラントは絶えず感染のリスクにさらされているのです。
また、人が歯を噛みしめる力は、自身の体重以上と言われています。
また、人間の食事は、冷たいアイスクリームや熱い焼き肉と絶えず温度差のある食事をしているのです。
ですから、インプラント治療を受けた後のメインテナンスが非常に重要になってくるのです。
長期的にインプラントを口の中で安定して持たす為には必ず定期的な検診が必要なのです。
定期検診を怠ると思いもよらない事が起こるのです。

つまり、インプラント周囲炎と言う歯周病と同じような病気になるのです。詳しく言うと、

①インプラント周囲の歯肉が
炎症を起こして歯肉が赤くなってくるのです(歯肉発赤)。
②さらにそのまま放置すると歯肉が腫れてくるのです。
③さらにそのまま放置すると歯肉から膿が出てくるのです。
④さらにそのまま放置するとインプラント周囲の骨が溶けて無くなっていくのです。
⑤さらにそのまま放置するとインプラントが動きだしてくるのです。
⑥さらにそのまま放置するとインプラントが抜け落ちるのです。
ですからインプラントを長期に安定してお口の中で維持する為には必ず定期検診が必要にますのです。
では、定期検診の間隔は、平均して一年に一度から二度お越しいただくのがベストなのです。
定期検診を受けていただく事によってインプラントが長期的にお口の中で機能するのです。
山崎デンタルクリニックでは必ず定期検診にお越しいただく事でインプラント治療の25年完全保証をいたしています。

投稿者: 山崎デンタルクリニック

2016.07.24更新

京都駅前山崎デンタルクリニック院長の山崎義孝です。
日本でもポケモンGoが解禁になりはじめての日曜日、沢山の人が京都駅前のヨドバシカメラや、マクドナルドに集まってスマートフォンを片手に歩いています。これからますます沢山の人がポケモンGoに夢中になるでしょう。
話は変わりますが、山崎デンタルクリニックでは、最新の最先端のロキソリッドSLアクティブBLTストローマンインプラントを使用するので、最短で3週間で食事が可能になるインプラントなのです。
さらに、ノーベルガイドスマートフュージョンと言うコンピューターガイド手術システムを用いるので正確確実に設計されたインプラントポジションにインプラントを埋め込むことができるのです。さらに、歯茎を切らないで手術ができるので、痛くなく出血も少ないインプラント手術ができるのです。
インプラント治療は、この様に非常に高度な技術が必要になるので安易な気持ちでインプラント治療を受けないでください。
山崎デンタルクリニックのインプラント治療は25年完全保証しています。何故ならば、私の29年の実績と
日々研鑽して新しい技術や材質を取り入れてその中で最も有効な情報に基づいてインプラント治療を致しておりますので、安心してお越しください。

投稿者: 山崎デンタルクリニック

2016.07.24更新

京都駅前山崎デンタルクリニック院長の山崎義孝です。
山崎デンタルクリニックでは歯を全くなくした方にはインプラントをたった4本で治療できる、さらに、手術したその日に仮歯が入りすぐに食事ができるオールオン4と言う最新最先端のインプラント治療に重点をおいた治療を専門に行なっております。
最新最先端のオールオン4は、ロキソリッドSLアクティブBLTストローマンインプラントを使用するので骨の薄い顎にでも直径3.3ミリのインプラントがあるので可能になったのです。つまりロキソリッドインプラントは従来のチタンインプラントよりも強度が1.5倍になって細いインプラントでも強度が保たれているのでオールオン4が可能になったのです
先日の京都府宇治市からお越しの60歳代男性患者様の治療後のCTレントゲン写真をお見せ致します。

 

あ

術後のCTレントゲン写真

q

骨の中の4本のインプラント

あ

3.3ミリ位の直径のインプラント

あ

後方のインプラントを30度に傾斜して埋め込む

投稿者: 山崎デンタルクリニック

2016.07.24更新

京都駅前山崎デンタルクリニック院長の山崎義孝です。
祇園祭も終わり京都は夏本番です。
山崎デンタルクリニックは、最新の最先端のノーベルガイドと言うコンピューターガイド手術システムを用いた歯茎を切らない、痛くない、出血も少ないインプラント治療に特化した専門クリニックです。
インプラント治療の最大の成功の秘訣は診断なのです。つまり的確かつ正確な診断をすることによってほぼ100パーセントインプラント治療が成功するのです。山崎デンタルクリニックでは世界No.1 No.2 のストローマンインプラントとノーベルバイオケアインプラントのみを使用しております。ですから万が一、外国や日本の他府県に引っ越されても対応できるのですです。
ですから、皆さんがインプラント治療を行う時、歯科医院を選ぶのは、どのようなインプラントを使用しているかがとても大切になってくるのです。ではなぜ今、ストローマンインプラントが世界ナンバー1のシェアを誇っているかをお教えしましょう。まず第一にインプラントの成功率が非常に他社よりも高いのです。
また 、ストローマンインプラントは10年間の高い生存率成功率を示しているのです。ストローマンインプラントの最新のインプラント、SLアクティブは治療期間が非常に短縮され、最短で3週間で食事が可能になるインプラントなのです。
つまり骨とインプラントが固まるまでたった3週間でいいのです。
SLアクティブインプラントは親水性があるため血液を早くインプラント周囲に取り込み早期に骨と結合することが可能になったのです。

投稿者: 山崎デンタルクリニック


SEARCH



CATEGORY