院長山崎義孝blog

2015.12.06更新

こんばんは。京都駅前山崎デンタルクリニック院長の山崎義孝です。

12月も6日になり、今年も残すところあと3週間。

1年のたつのは早いものですね。「光陰矢のごとし」とよく言ったもので、本当に1年のたつのは歳を重ねるごとに早く感じるますネ!

話は変わりますが、皆さん、歯周病とはどうして起こるかご存知でしょうか?
歯周病とは歯を支えている周りの骨の組織が溶けてしまう病気なのです。以前は「歯槽膿漏」と言っていたのですが、今では「歯周病」と言う言葉が一般的になりました。

この歯周病は、初期の段階では痛みがおとんど無く、

さらに、症状が出た場合、歯がぐらつくとかになると歯周病の痛みが出るのです。

ですから歯周病で痛みが出た場合は重度の歯周病と進行していることが非常に多いのです。

ですから歯周病とい言う病気は、現在では、虫歯という病気よりもはるかに恐ろしく怖い病気なのです。

では、歯周病の原因は、第一は、歯垢、つまり、プラークなのです。歯周病菌が、歯の周りの骨を溶かすということによって引き起こされてくる病気なのです。

では、この最も良い歯周病治療法とは、このプラークを除去を行うのが1番最良の方法のです。

それには家庭で行う歯磨き。と、更にうがいが最も重要になってくるんです。次回さらに詳しくご説明させていただきます。

投稿者: 山崎デンタルクリニック