スタッフblog

2017.10.09更新

京都駅前、歯を抜かない(非抜歯)取り外しが自分で出来るインビザライン矯正治療(マウスピース矯正治療)と、

 

 

歯茎を切らない、腫れない、出血が少ない、怖くない、正確確実で、安心・安全な身体に優しいインプラント手術を可能にした痛みのないノーベルガイドスマートフュージョンコンピュータガイドシステムを用いた最新最先端のインプラント治療に特化した山崎デンタルクリニックの

 

 

 

歯科衛生士兼抗加齢医学指導士です。

 

 

 

祝日であることが一瞬忘れてしまうほど、今日も忙しい1日でした。

 

 

そんななか、矯正治療で通院中の男性患者さまをすごくお待たせしてしまい、

 

 

 

大変申し訳なく思っていたのですが、

 

 

「いやいや僕は大丈夫ですよ。休憩、行かれました?」

 

 

と、逆に気遣ってくださいました。

 

 

 

患者さまから癒されるときってこんな瞬間です。

 

 

「大丈夫?」とか

 

 

「ありがとう」や

 

 

「助かるよ」など…

 

 

 

言葉にして言ってもらえると、ほんとうに疲れなんて吹っ飛びますね。

 

 

 

わたしが歯科衛生士になって、

 

 

いちばん難しいと感じたのは、スケーリングや矯正のテクニックではなく、

 

 

 

幅広い患者さまとコミュニケーションをはかることでした。

 

 

 

入社したとき、

 

 

 

 

院長があまりにも患者さまと仲良くお話されているのでびっくりした記憶があります。

 

 

 

 

 

歯医者イコール無口だと思いこんでいたからです。

 

 

 

そんな院長は、スタッフみんなに

 

 

褒めて褒めて褒めまくる(笑)の感じで、

 

 

 

注意する際も必ず笑いを交えておっしゃいます。

 

 

 

女性は(男性も?)見え透いたおべんちゃらでも、

 

 

 

嫌な気はしないですから。ついクスクス笑って気分よくなるんですよね。

 

 

 

わたしも、誰かに自信と笑顔、そして活力を与えられるようになりたいです。

 

 

 

 

いつもお気遣いくださる患者さま、ありがとうございます(*^^*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 山崎デンタルクリニック