院長山崎義孝blog

2017.07.17更新

歯を抜かない人に気づかれないインビザライン矯正治療は、
世界中の450万人以上の人々の治療を行うことによって、コンピュータが450万人以上のすべてのデータを蓄積することによってますます進化しているのです。
囲碁や将棋の世界でもコンピュータソフトの進化によって名人が頭を抱えるほど対等かそれ以上の頭脳がコンピュータソフトに備えわたって来ているのです。
矯正治療の世界でも同じようなことが起こっているのです。
ですから、インビザライン矯正治療で矯正治療をしても従来のワイヤー矯正治療と遜色ないどころか、それ以上の結果が得られるのです。
インビザライン矯正治療の利点(メリット)
① 取り外しが可能な薄い透明な
アライナー(マウスピース)で
矯正治療が出来る。
② 治療前にコンピュータソフト上で
治療後の自分の歯並びを見ることが
出来る。
③ アライナーを自分で取り外しする
ので歯科医院に行く回数
(2〜3ヶ月に一度)が少なくなる。
従来のワイヤー矯正治療は、
ワイヤー調節が必要なために
1ヶ月に一度行くことが義務付け
られている。
④ 薄い透明なアライナーで矯正治療を
行うので、他の人に矯正治療してい
ることが気づかれない。
ですから、女性の方には非常に喜ばれ
るのです。
⑤ 食事が今まで通り不自由なく好きな
物を好きなだけ食べられる。
ですから、女子会などの外食に自由に
行くことができる。
従来のワイヤー矯正治療では、
口の中にワイヤーとブラケットが
入っているので、ワイヤーや
ブラケットに物が詰まって好きな物を
食べられないということがあったので
女子会などの食事会に参加すること
億劫になっていたのです。
⑥ 薄い透明なアライナーをはめるだけ
なので痛くない。
従来のワイヤー矯正治療では、
ワイヤーやブラケットが口の中の粘膜
にあたり口の中が傷ついたり切れたり
して痛いことがある。

このように、インビザライン矯正治療は沢山のメリットがあるのです。
ですから、従来のワイヤー矯正治療から
今後ますますインビザライン矯正治療に取って代わって普及すること間違いないのです。

投稿者: 山崎デンタルクリニック