院長山崎義孝blog

2016.10.01更新


京都駅前山崎デンタルクリニック院長の山崎義孝です。
今、最もインプラント治療の中で注目を集めている最新最先端のインプラント治療、
【ノーベルガイドスマートフュージョンを用いた歯茎を切らないインプラント治療】について説明させていただきます。
ノーベルバイオケア社のノーベルクリニシャンと言うコンピューターソフトを用いた最新最先端のスマートフュージョンと言うインプラントシステムを使用して、CTデータを正確に解析し、診断設計を行ってインプラント手術から補綴処置までを一貫して行うシステマチックな治療なのです。
ですから、【ノーベルガイドスマートフュージョン】とは、インプラント治療を正確確実安全に行うための必要不可欠なサポートシステムなのです。
このインプラントシステムは現在世界でもっとも優れた最新最先端の画期的なインプラント治療システムなのです。
それ以前は、歯型を取って、グラフィックガイドと言うCT撮影用のマウスピースを作製して、そのグラフィックガイドを口の中に入れてCT撮影を行う工程が必要であったのですが、ノーベルガイドスマートフュージョンを用いることによってこの工程が必要で無くなるのです。
ですから、インプラント手術前の2度の来院回数が削減できるのです。
つまり患者様にとっては来院回数が少ないという事は、特に東京や、名古屋や、福井や、福岡や、徳島や、大阪や、神戸屋、奈良などの他府県からお越しの患者様にとっては非常に沢山のメリットがあるのです。
つまり、時間短縮になり、交通費も安くなり、患者様の負担も少なくなるのです。
ノーベルガイドスマートフュージョンは、術前に顎の歯ぐきの形と骨の形を完全に再現した3D立体画像で正確に解析が出来るので、術前にあらかじめどの部位にインプラントを埋め込むことが出来るか?
インプラントを埋め込むことが出来る骨質や、骨量があるか?
又、どの角度傾けてインプラントを埋め込むことが出来るか?
どのような長さ、巾のサイズのインプラントを埋め込むことが出来るか?
さらに、どのようなインプラントを埋め込むか?といったすべての詳しい情報をインプラント手術前にコンピューターソフトで解析して診断することができるのです。
ですから、このノーベルガイドスマートフュージョンシステムにより、
正確で確実なインプラント手術が出来るのです。
つまり、インプラント手術に、
サージカルガイドと言うマウスピースを用いてインプラント手術を行うことで、治療計画通りに正確確実にインプラント治療が可能になるのです。
また、このノーベルガイドと言うコンピュータガイドソフトからの情報を元に手術計画が立てられるのです。
ですから、ノーベルガイドシステムを導入しない従来のインプラント手術にかかる時間と比べるとノーベルガイドシステムを用いるインプラント手術は短時間で手術が終わるのです。
そして、インプラントの設計や、計画が綿密に行えるため、手術の前に患者様にしっかりとしたインプラント治療の説明(インフォームドコンセント)ができ、患者様に安心して手術を受けていただけるのです。
このように、スマートフュージョンを用いたノーベルガイドインプラントシステムは現代医学の最新、最先端テクノロジーを集結したもっとも優れた総合的なインプラント治療システムなのです。
ですから、ノーベルガイドスマートフュージョンコンピューターガイドシステムは、現代インプラント治療には、必要不可欠なのです。

京都駅山崎デンタルクリニックでは、
インプラント治療は、100%すべてのインプラントを希望する患者様にノーベルガイドを用いた最新最先端の歯茎を切らないインプラント手術を行なっています。ですから、痛くない、腫れない、怖くない、出血が少ない、安全、安心、確実、正確なインプラント手術が出来るのです。
例えば、京都府京都市北区にお住まいの60歳代女性の右上の奥歯のインプラント治療のノーベルガイドスマートフュージョンコンピューターガイドソフトでの設計診断解析!

あ

この様にインプラントを埋め込む位置を術前に設計して、サージカルガイドを用いてインプラント手術が出来るので非常に手術時間が短く、小さな穴を開けるだけででインプラント体が埋め込まれるので、出血が少ないのです。ですから、痛くない、腫れない、怖くない、身体に優しいのです。

 

投稿者: 山崎デンタルクリニック


SEARCH



CATEGORY