院長山崎義孝blog

2016.09.17更新

京都駅前山崎デンタルクリニック院長の山崎義孝です。
皆様、インプラント治療で、最もネックになっていることは何かご存知でしょうか?
実は、治療期間なのです。一般的にインプラント治療の治療期間は、下顎で3ヶ月。上顎で6ヶ月かかっていたのです。しかし、この治療期間の短縮が出来る最新最先端のインプラントが開発されたのです。すなわち、ストローマン社のSLアクティブインプラントがまさしくそのインプラントなのです。インプラント手術してから最短で3週間という短期間にインプラントと骨が結合するのです。
すなわち、インプラント手術してから最短で3週間で食事ができるのです。
ですから、歯が無くて美味しく食事が出来ない。見た目が悪い。口元が貧相で見栄えが悪くかっこ悪い。しゃべりにくく会話が出来ない。などの歯の無い期間のマイナス面が解消されるのです。
まさしく、治療期間が短く出来ることは、インプラント治療の革命なのです。
また、この最新最先端のストローマンSLアクティブインプラントは、感染に非常に強いインプラントなのです。
つまり、インプラント周囲に感染が起こりにくいのです。
ですから、インプラント周囲炎になりにくいのです。
このことが、インプラントが長期的に持つ理由なのです。
これからますます高齢化社会になるので、インプラントを長期間使うためには、感染に強いインプラントが重要なのです。
このストローマンSLアクティブインプラントは、表面性状が非常に良く感染に強いインプラントなのです。
これからのインプラントは、長期的に長持ちする、身体に安全な材質が必要不可欠になっているのです。

投稿者: 山崎デンタルクリニック