院長山崎義孝blog

2016.09.16更新

京都駅前山崎デンタルクリニック院長の山崎義孝です。
京都府京都市上京区にお住まいの70歳代女性の方からのお問い合わせ。
質問:口臭がひどくて、さらに、歯がぐらついて食事が出来ないので困っています。
何とかならないのでしょうか?
回答:おそらく、歯周病がひどくて歯がぐらついて、さらに、歯周病菌が原因で口臭がしているのです。

①歯磨きと、うがい薬を使ってうがいをしてください。
歯磨きは研磨材の入っていない歯磨き粉(ジェルコート)で、必ず、寝る前に10分以上は磨いてください。
寝る前に歯磨きをするのは、寝ている時は、唾液があまり出ないので、歯周病菌や虫歯菌が繁殖しやすいのです。ですから、寝る前に出来るだけ綺麗に口の中をして、歯周病菌や虫歯菌の細菌数を減らすことが大切なのです。
うがい薬は必ず歯磨き前にしてください。なぜならば、まず最初に口の中の汚れや、歯周病菌や、虫歯菌や、食べカスなどをうがい薬で洗い流してください。
また、うがい薬は、歯周病菌や虫歯菌によく効くコンクールを使用してください。
②歯科医院での歯石取りと、歯のクリーニングとポリッシングをしてください。なぜならば、一度歯にこびりついた歯石は歯ブラシ等では取れないのです。
③激しく動いている歯は、骨が吸収されて、歯茎から出血したり、歯茎から膿が出たりするのです。
そのままで放置していると、最後は、入れ歯や、インプラント治療をするために必要な骨がとけて無くなるのです。
④骨が極度に吸収している歯は、できるだけ早く抜歯をお勧めします。
なぜならば歯周病菌は隣の歯に影響を及ぼすのです。
⑤歯周病の原因は、歯の噛み合わせが非常に関与しているとわかってきました。
ですから、歯の噛み合わせを治療すれば、歯周病が治るのです。
つまり、矯正治療は、歯周病治療とは密接に関係しているのです。ですから、歯を抜かない(非抜歯)矯正治療で歯周病が治るのです。
⑥最新最先端の矯正治療は、人前で気にならない見えない矯正治療、つまり、インビザラインという透明のマウスピースでできるので、若い女性、接客業、ビジネスマン、大学教授、キャビンアテンダント、アナウンサー、モデル、芸能人、アーティストなどすべての人に矯正治療が身近になったのです。
また、最新最先端のインプラント治療は、ノーベルガイドスマートフュージョンと言うコンピューターガイドシステムを使用してインプラント治療をすることなのです。つまり、歯茎を切らないでインプラント手術ができるのです。ですから、痛くない、腫れない、怖くない、出血が少ない身体に優しいインプラント手術が出来るのです。高齢者や、インプラント手術が怖い、恐ろしいなどの恐怖心をお持ちの人、歯科治療が嫌な人にとって非常に安心して安全にできるインプラント治療なのです。
最新最先端の歯周病治療は、矯正治療やインプラント治療や虫歯治療を総括することによって放置されていた歯周病が治るのです。
ですから、歯周病治療のメインテナンスするために定期的に歯科医院でクリーニングすることをお勧めします。歯茎が赤く腫れてきたり、歯ブラシに血がついたり、歯茎から出血したり、吐く息が臭いなど口臭が気になりだしたら、できるだけ早く歯科医院で歯周病治療をしてください。
山崎デンタルクリニックでは、
最新最先端の歯周病治療をおこなっています。

投稿者: 山崎デンタルクリニック


SEARCH



CATEGORY